事業案内

事業案内

メディカル事業

低侵襲医療

低侵襲医療(ていしんしゅういりょう)とは、できる限り身体に傷を残さず、患者さんへの負担を最小限に抑える最先端の治療法です。
手術を必要としないため、入院期間も短縮できるなど優れた特徴を持っています。

最近では、外科的治療にかわるものとして注目を集めており、低侵襲医療の代表例がIVR(カテーテル治療・血管内治療)です。

治療領域として、循環器治療、脳血管内治療、消化器内視鏡治療、末梢血管治療などがあり、日々進化する医療業界において、各種勉強会などを通じ専門スキルを高め、医療現場に貢献しています。

また、当社の営業担当者は、医療現場からの緊急な要望にスピーディーに対応できるよう、24時間365日サポート体制を整備しております。

低侵襲医療製品
△ ページの先頭へ △